デクラン・オブライエン監督『クライモリ デッド・ビギニング』:切株映画の様式美

シェアする

スポンサーリンク
クライモリ・デッド・ビギニング

 『クライモリ』シリーズ初挑戦でビギニングから入るというのも乱暴だけど、映画の作りはもっと乱暴だったので良しとしとこう(笑)。スプラッター苦手なのにこんな切株映画を借りて大丈夫かしらという心配も杞憂に終わったと言いうか、過激すぎるが故にリアルさを振り切って笑えてくるという(人肉スライスをオイル・フォンデュで美味しくいただくシーンなど)。


 逃げ惑う若者たちも完全に殺され要員、殺され待ちの状態なので、恐怖というよりもいかにグロく殺されるかを楽しむ爽快アクションムービーとして楽しむのがオススメ。もう逃げて助かる気が微塵も感じられない仕上がりというのが、逆に潔くて絶賛したくなってくる。相手の攻撃は全て受けるプロレス的な様式美の世界ですな。「火かき棒を落とした、探さないと」って何だよ!(笑)、みたいな空気読みまくりの若者たちが画面いっぱいの血潮をまき散らして大活躍。

クライモリ デッド・ビギニング クライモリ デッド・ビギニング クライモリ デッド・ビギニング

クライモリ デッド・ビギニング クライモリ デッド・ビギニング クライモリ デッド・ビギニング

 爆笑したシーンはいくつかあったけれど、その中でも異形の人食い一味に有刺鉄線のようなもので首を吊られてしまった女の子を下から引っ張る彼氏の画が特筆すべき愛のあるアホさでGood!人の体を使って綱引きするにしても首を吊られた人間の足を下から引っ張ったらどうなるかぐらい想像はつくだろうっていうね(笑)しかも引っ張るほど有刺鉄線が首に食い込んで血しぶきが飛び散ってしまい、その返り血にビビる彼氏と「頑張れ!」の掛け声に完全にやられました、どう頑張るんだよ!(笑)。感動的なおバカ彼氏、これはもしかして絶体絶命に陥った人間の咄嗟の行動までも描いた心理的に深い映画なのかも、と想像させられるレベルで奥行がある作品!

クライモリ デッド・ビギニング クライモリ デッド・ビギニング クライモリ デッド・ビギニング

「クライモリ デッド・ビギニング」2012年5月2日リリース!



クライモリ デッド・ビギニング [DVD]

クライモリ デッド・ビギニング<未>(2011)
WRONG TURN 4
WRONG TURN 4: BLOODY BEGINNINGS
製作国 アメリカ
公開情報 劇場未公開
ジャンル ホラー/サスペンス
監督: デクラン・オブライエン


スポンサーリンク
<スポンサー>
<スポンサー>
内容に共感して頂けたら応援(シェア、フォロー、商品購入等)ヨロシクお願いします!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
<スポンサー>