VA Social Buzzを使ってブログの記事下をちょっと豪華にしてみる

SSL化のためにサイトを久しぶりにいじっていると、やり方を調べるために他のサイトを見る機会も増えますけど、「これいいな」という機能とかデザインの方に目移りしてしまって、本来やるべきことが一向に進んでいません。

そんな気になるデザインの中でも、ブログの記事下にその単一記事のサムネを再表示してFacebookページに「いいね」を誘導するやつがカッコよくて、「これ真似たいな」と思って調べました。

こんなやつ。(うちのサンプルなのでFacebookページへのいいねが0、笑)

VA Social Buzzを使ってブログの記事下を充実させてみる

Wordpressのテーマによっては、デフォルトでこの機能がついてるのもあるみたいですけど、うちが使わせて頂いているSimplicityにはないので(SNSへの拡散ボタンの配置機能はありますが)、プラグインを探してみました。

ということで、それを実装するためのプラグインの「VA Social Buzz」の紹介となります。


CTAを強化してくれるプラグイン


プラグイン自体の説明の前に、上記の「こんなやつ」の名称について。

これは「CTA」(Call to Action:コール トゥー アクション)と呼ばれるもので、記事の最後に読者へしてほしいアクションを誘導するためのコンテンツを設置しておくものらしいです。

一般的なブログならSNSのフォローや拡散のボタンを置いたり、企業なら「資料請求はこちら」といった次へのアクションへ繋げる感じでしょうか。

超簡単「VA Social Buzz」の設定


ということで、プラグインを検索して有効化します。

VA Social Buzzを使ってブログの記事下を充実させてみる

そのあとは、Wordpressの管理画面から「VA Social Buzz」の設定をします。

「表示設定」が拡張される形で設定項目が出てきます。

プラグインの名前のついたタブとかは増えないので、注意が必要です。

設定 ⇒ 表示設定 ⇒ VA Social Buzz

VA Social Buzzを使ってブログの記事下を充実させてみる

あとは「Facebook ページのユーザーネーム」と「Twitter のユーザーネーム」にそれぞれ自分のユーザーネームを入れるだけ。

これで、各記事の下にそれぞれのサムネイル入りのFacebookページへのいいねボタンとシェアボタン、さらにTwitterのツイートボタンが出現します。

スムーズに進めば、所要時間1分足らずで終わってる簡単さ。


つまずきそうになった部分


こんなに簡単設定にも関わらず、詰みそうになったのが「Facebookページのユーザーネーム」。

Facebookの仕様上、ユーザーネームはページを複数所有していても一度しか変更ができないようで、自分は違うページでユーザーネームを設定してしまったので、このサイト用のFacebookページのユーザーネームは変更できないと言われました。

※いいね数が25以上ある場合は、そのページのユーザーネームは変更ができます。

VA Social Buzzを使ってブログの記事下を充実させてみる

ということで、このプラグイン使えないじゃん、と諦めかけましたが……、

ユーザーネーム関係なく、アドレスの赤字部分を試しに入れてみたら、問題なく自分のFacebookページへ「いいね」するポップアップが表示できました。

https://www.facebook.com/Seijis-Feels-So-Good-676451009184743/

ということで、「Facebookページのユーザーネーム」というのに惑わされずに、ページのアドレスの上記部分に該当するところをコピペすれば動くみたいです。

ということで、作ったまま放置していたFacebookページを今更アピールしてみることになりました。

「いいね」数ゼロのままだと恥ずかしいので、ぜひ「いいね」押してください(笑)。

【BackWPup】SSL化に備えてバックアップ

前々から言われていた通り、2018年7月リリースのChrome 68からSSL化(http ⇒ https)されていないサイトにアクセスした際、アドレスバーの横に「保護されていません」という警告が出るようになりました。

暗号化されていないからといって、一般人が個人的に運営しているブログにとっては特に問題なさそうですが。(わりと意識低目)

このサイトも音楽制作日記と言いつつ、実際はただの雑多ブログなのでSEOもあまり意識していないですしね。(わりと意識低目その2)

それでも「保護されていません」と表示されてしまうと、あまりいい気はしません。

ということで重い腰を上げてやっとSSL化しようかと思い立ったわけですが、その下準備としてまず本サイトのwordpressのバックアップを取ることにしました。

といってもバックアップ作業自体がけっこう面倒だったりしますけどね。

wordpressの更新のときなんかは、本ブログはバックアップ取らないで自動更新に任せている横着さで運営されております。

ただ今回は「SSL化」作業自体が初めてなので、バックアップなしで挑むのはさすがに無謀かなと判断。

端折らないで基本からやることにしました。

簡単設定でバックアップできるBackWPup


WPをバックアップできるプラグインもいろいろありますが、今回利用したのは評判の良さそうな”BackWPup”というプラグイン。

【BackWPup】SSL化に備えてバックアップ

ファイルからデータベースまで一括でバックアップして、保存場所も選べるということなので機能としては十分です。

基本的な使い方は、あの有名な「バズ部」が詳細な記事を公開されているので下記リンクから参考にして頂ければと思います。

https://bazubu.com/how-to-use-backwpup-23804.html


ということで上記の内容を参考にやってみましたが……。

うちの場合は鬼のエラーと警告だらけになって、仕上がったバックアップも使える気がしません。(というか使えないっぽい)

BackWPupを使用してエラー・警告を含まない完璧なバックアップで作りたい場合は、まったく参考にならない記事かもしれませんが、実際にこのプラグインを操作しながら得た知見もあったので備忘録として残しておこうと思います。


処理の実行時間を設定しておく


上記サイトを参考に、いざバックアップを開始。

するとしばらくして、すぐに下記のようなエラー表示が!

エラー: Maximum execution time of 30 seconds exceeded

「処理実行時間が30秒をオーバーしています」といったニュアンスでしょうか。

ググってみるとレンタルサーバー側の「php.ini」をいじる必要があるとかいった内容が出てきて、「これは面倒かも……」と詰みかけました。

が、さらに調べてみたら、実はプラグイン自体に処理時間を設定する「最大スクリプト実行時間」という項目があり「な~んだ、簡単だね」と。

BackWPup ⇒ 設定 ⇒ 「ジョブ」タブ ⇒ 最大スクリプト実行時間

デフォルトで30秒となっていたので、適当に120秒にしておくことに(フィーリング)。

【BackWPup】SSL化に備えてバックアップ

使用していないプラグインは削除しておく


過去にインストールしたまま使用していないプラグイン、使用していたけど今後はアクティブ化する予定のないプラグイン、アップデートしていないプラグイン。そういったものがある場合は可能ならばバックアップを開始する前にプラグインのリストから削除してしまうのがベターだと思われます。

でないと警告とエラーを吐きまくりの事態になります。

【BackWPup】SSL化に備えてバックアップ 警告とエラーだらけ

【BackWPup】SSL化に備えてバックアップ 警告とエラーだらけ

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”seiji2_60.jpg” name=”せいじ”] 回数が多すぎます!(白目) [/speech_bubble]

まさか怒り気味に指摘されるとは思いませんでした(笑)。

怒られつつも、一応はバックアップファイルを吐き出して終了してくれるツンデレ仕様。

ということで、下がバックアップが終了したときの画面となります。

【BackWPup】SSL化に備えてバックアップ 警告とエラーだらけ

ご覧の通りジョブは100%となりバックアップ作業は完了するも、エラーを解決しないとバックアップファイル自体は使用することが明らかに出来ない雰囲気なので(ファイルのダウンロードは「バックアップ」の項目からできる模様)、次回以降はこのエラーと警告を解消していきていたいと思います。(次回があれば……)

アンカー広告が勝手に挿入されていた件

このサイトで使っているWordpressのテーマが更新されたので、久々にスマホでのデザイン表示も確認してみたところ、予想外のことが。設定した覚えのないアンカー広告が勝手に挿入されている!しかもどうやっても消すことが出来ない。いつから、こんなことになっていたのか。

本日は、当サイトで表示されていたアンカー広告を消すために行った内容と原因の特定を書き残します、誰かのお役に立てればこれ幸い。

Continue reading