iPhoneのカメラアプリで写真撮影

スポンサーリンク

 iPhoneのカメラアプリで撮影した写真がなかなか良いと書いたので、その仕上がりをお見せするために、自分的に現状でのベストショットを載せておきましょう。自分の部屋にある本棚で、ポイントは”The Catcher In The Rye”が入っているあたりでしょうか、この撮影のために本の配置をわざわざ変えて、一冊だけ洋書がまぎれ込むという不自然さも、この焦点をぼかした感じながら許されはず、と自分を説得しています(笑)いかにもオシャレ写真部に所属している眼鏡男子が撮りそうな写真をコンセプトにちょいと気取ってみました。そして今後もこのアプリを操っているときの自分には、オシャレ眼鏡男子たちの心が宿ることになるでしょう……。写真のなかではせめてオシャレを気取らせて!という感じです。



 ちなみに使用しているアプリは『一眼トイカメラ』で、撮影した後に焦点サイズやカラー・明るさを調整できる仕様になっています。焦点サイズには3種類のフィルターがあって、これをうまく使って周辺をぼかすことによって、ミニチュア風な写真も撮れてしまうし、使い方もとってもシンプルで簡単なアプリになっています。しかも、この『一眼トイカメラ』は、アプリを起動してイヤホンを取り付けた状態で、音量をボタンを最小にしておけば、シャッター音を消すことが出来てしまいます。iPhone4のシャッター音はかなり大きな音がして、静かな場所での撮影は音が目立って恥ずかしいので、これは知っていると便利ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
<スポンサー>
<スポンサー>
スポンサーリンク

内容に共感して頂けたら応援(シェア、フォロー、商品購入等)ヨロシクお願いします!

フォローする

スポンサーリンク
<スポンサー>