美しすぎるCG女子校生Saya、PSVRの世界で戯れたい

スポンサーリンク

去年から国外含めて各所で話題になっていますけれども、美しすぎるCGの女子高生「Saya」の2016年版が発表されたということで見てみたら、さらなるクオリティーアップが図られていて、何かこう期待が高まったという。それではご覧ください、Sayaで「私は不気味じゃない」(適当)



もくじ


「Saya」を作っているのはTELYUKA(テルユカ)


この分野、まったくの門外漢で語るのもおこがましい感じですが、まずは「Saya」のクリエイター情報に関して。石川晃之氏、石川友香氏の夫妻による「TELYUKA(テルユカ)」というフリーランスの3DCGアーティスト・ユニットによって「Saya」は作られているとのことで、下記が公式サイトになっています。他にも「Saya」を含めた色々なCG作品を見ることができますよ。ちなみにTwitterの紹介文によると、「Saya」はショートムービー用に作られたオリジナル・ヴァーチャル・ヒューマンとのこと。



さらに下記のサイトにはお二人のインタビュー記事が掲載されているので、興味のある方はそちらもどうそ。なんと3DCGは独学で学んだとのこと、美大や専門学校に入るのにお金を使うよりも、PCやソフトの資金にして、手を動かして勉強しちゃった方がいいじゃないかという考え方だったようで(時代的にも学べる場所が少なかったというのもあるそうだけど)。地道に下積みして、現場のたたきあげからここまでの名声を得たと言う意味で、新海誠監督を彷彿とさせられます。



Sayaの変遷を追ってみる


それでは、2015年に発表された「Saya」と今年に入って発表された2016年verの「Saya」を比較して見てみます。


全体的にリアルだけど、この後に控えている2016年verとの対比があるのでムリクリ言うと、そこはかとなく漂う不気味の谷感があると言えばある気がします。それでもパッと見だと写真と見間違うクオリティーではあります。



こちらが先日公開された2016ver、「ヤバッ、めっちゃリアル!」と驚嘆、でもそれ以上に「めちゃ可愛いやんけぇぇ!!」という印象。もしかしてだけど、実は前回よりもアニメチックなデフォルメが施されていたりするのか?なんにせよ素人には分からない、肌の質感とか髪質とかの作り込みとか色々とクオリティーアップしているというのが、総体として実感できます。


そして動く「Saya」の動画が投稿された



そして昨日、上記のツイートにある予告通りに、動画が同アカウント上に投稿されました。動いているの見ると、さらに衝撃度がアップします。どうして下唇じゃなくて上唇噛ませているのか?変顔チックな表情のテストなのかわからないですが、お肌のプルンとした感じとかまさにリアル。とにかく続編が期待されます。


ところで明日はPSVRの発売日、早く「Saya」みたいなの求む


滅多にゲームやらない自分でも知ってる、明日のPSVR発売の件。ちなみにギャルゲーみたいなのもあまりやったことないんだけど、PSVRに関してはそういったジャンルがとても楽しそう、いやエロそう(笑)「Saya」みたいな子が出てくるなら、ぜひヴァーチャルな世界で戯れたい!

ということで、どういったギャルゲー風な作品が今後のラインナップとしてあるのか見てみましょう。

Summer Lesson(サマーレッスン)




こちらはPSVRのこと検索すると、だいたい一緒に出てくるので有名だと思いますが”Summer Lesson”です。当初はスゴ~って思ったけど「Saya」を見た後だとけっこう物足りない、怖いですね~慣れって。


しあわせ荘の管理人さん。




こちらは『しあわせ荘の管理人さん。』という早速エロゲー風な作品となっています、いいよ、いいよ~香ばしいくて。ハーレムモノの王道な設定ながら、目につくのはそのキャラクターたちの造形が異様に濃い~作りであること。悪くないよ~、でも「Saya」とは違ったベクトルですね。

ドルオタ向け?EINYMEによる本物アイドルVR


ということで「Saya」みたいな高クオリティーなキャラクターでこういった作品が出てきたら面白いんだろうなぁとは思うんだけど、そもそもCGにこだわる必要はなくて実写でもVRって出来るから、とにかくリアルな女子とヴァーチャルに触れ合いたいみたいな欲求がある方はこちらに走るんでしょうね、主にドルオタ向けでしょうか。アイドル特化型VR映像配信プラットフォーム「EINYME」というやつ。


PSVRがなくとも、推奨されているサムソンのGear VRがあれば既に視聴できるみたいです。


まとめ


つい先日、違う会社のVRゴーグル付けて本当に全方位が見れて驚愕しました。パラダイムシフトのような凄さを感じてるんですが、ゲームに限らずVR(virtual reality:仮想現実)とかAR(augmented reality:拡張現実)は今後、当たり前の世界になっていくのかなと。

あとVRを使った映画とか近く出てくると思うけど(スピルバーグ監督もこれについて、なにか言及していた記憶があるな)、そうなると作品と観客がどうしてもインタラクティブになってきてしまうだろうし、視聴者側の視点を2D上に固定できないから、映画を構成する基本的な「モンタージュ:編集」という機能がかなり薄れてしまうんだろうなあと。もう映画とゲームの垣根がなくなったような、「VR作品」というジャンルの誕生みたいな。

という感じで「Saya」の進化を見て、これから到来するかもしれないVRブームの中におけるゲームの女の子キャラや映画・動画コンテンツの方向性について、ゲームすらあまりやらない門外漢が思いを馳せてみました。


2017年10月2日:追記


これ、リアルSayaっぽい。Sayaの外見を真似たロボットで、しかも超リアルに現実世界で動いている!と思ったら、人間がロボットを真似ているというオチらしいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
<スポンサー>
<スポンサー>
スポンサーリンク

内容に共感して頂けたら応援(シェア、フォロー、商品購入等)ヨロシクお願いします!

フォローする

スポンサーリンク
<スポンサー>