『ゾンビワールドへようこそ』:ボーイスカウト3人組の友情を取り戻せ

シェアする

スポンサーリンク
『ゾンビワールドへようこそ』 金髪おっぱい映画 レビュー 感想

ゾンビーワールドへようこそ<未>(2015)
SCOUTS GUIDE TO THE ZOMBIE APOCALYPSE
監督:クリストファー・ランドン
出演:タイ・シェリダン、ローガン・ミラー、ジョーイ・モーガン、セーラ・デュモント、デヴィッド・ケックナー
上映時間:93分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場未公開
ジャンル:ホラー/コメディ

真面目なゾンビ映画に食傷気味という方にお勧めなのが本作。さえないボーイスカウトの3人組がゾンビに立ち向かっていくという「ゴーストバスターズ」的というか「ズッコケ三人組」なノリの作品となっております。

『ゾンビワールドへようこそ』 金髪おっぱい映画 レビュー 感想ボーイスカウトって、否定するわけではないけど「どことなくダサい」という感覚は万国共通らしいですね(失敬)。主人公たち3人も小さいころは仲良くこなしていたスカウト活動ですが、高校2年生ともなると女の子やエッチなことで頭はイッパイになってしまうのは仕方のないこと。いかにカノジョを作って童貞を捨てるかということが人生における最優先事項であって、サバイバル術を高めるべく山でテントを張って呑気にキャンピングするなんて狂気の沙汰としか思えなくなってくるわけです。そんなわけで、ボーイスカウトで培った絆は永遠かと思われた3人の少年たちでしたが、おデブの真性スカウト・バカっぽい少年をハブる形で、真夜中に開催される秘密のパーティーにキャンプ途中で抜け出して行こうぜ!という裏切りから始まる彼らのゾンビを交えたドタバタ劇場の幕開け~、果たして少年たちはゾンビワールドをサバイブできるのか?さらに亀裂の入ってしまった彼らの友情の行方は!?そんな感じとなっております。

『ゾンビワールドへようこそ』 金髪おっぱい映画 レビュー 感想というわけで軽快でテンポ良くゾンビワールドが展開していきますが、良いスパイスになっているのが3人組と同じ高校を数年前にドロップアウトしてストリッパーになったという少女の存在。彼女が素晴らしいおっぱい要員としてほぼ全編通して3人組と道中を共にしてくれるので、ほのかに香るフレグランスならぬエロスとして色香をずっと漂わせてくれています。『ゾンビワールドへようこそ』 金髪おっぱい映画 レビュー 感想通常は死亡要員にされやすいアホでバカな金髪おっぱいという存在・立場でありながら、最後まで死なずにプルンプルンとゾンビワールドを駆け抜けてくれたこと、そしてそのような脚本を採用してくれたことに対して惜しみない拍手を送りたいと思います(笑)。あと巨乳な女警官ゾンビも本作におけるハイライトのひとつ。

ボーイスカウト流の高い声でのやり取りとか、隊長であるオッサンがゾンビになっても妙に強いとか、脱力感のある笑いを誘う感じの作りが好印象。というか隊長が火責めにあったり車で跳ね飛ばされたり、拷問仕立てな感じがけっこうジワリました。クライマックスは閃光のチラつきがきつくてポケモンショックかと思うほどだったけど、まあ低予算だろうからその辺はご愛敬ということで。




スポンサーリンク
<スポンサー>
<スポンサー>
内容に共感して頂けたら応援(シェア、フォロー、商品購入等)ヨロシクお願いします!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
<スポンサー>