『死霊館 エンフィールド事件』:実際にイギリスであった心霊現象事件のお話

評価:★★★☆
一言:ドラマパートが作り込まれていて見応えあり

死霊館 エンフィールド事件(2016)
THE CONJURING 2
監督:ジェームズ・ワン
上映時間:134分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(ワーナー)
初公開年月:2016/07/09
ジャンル:ホラー
映倫:PG12
その日、世界は初めて心霊現象(ポルターガイスト)を信じた――
1977年英国、人々がその“存在”を認めざるを得なかった、戦慄の実話。


『死霊館』そのスピンオフ作品『アナベル 死霊館の人形』の続編、通し番号的には『死霊館2』となる作品である本作であります。

前作同様に、実在した超常現象研究家であったエド&ロレイン・ウォーレン夫妻をモデルとした主人公に配して、これまた実際にあった心霊現象事件として名高い“エンフィールド事件”を今回は扱っています。

呪われた人形のアナベルもいい加減不気味でしたけど、今回もシスター姿の悪魔がパンチ効いてて、忘れ難いインパクトある出来です。

見所としては、エドが「夢で見たんだ」とかいってシスターのおっかない絵をキャンバスに描くという謎のストレス解消法をあみ出しますが、そのせいで妻のロレインがキャンバスから飛び出てきたシスターに襲われてしまうという、貞子顔負けの飛び出し芸に付き合わされる羽目に(笑)、このシーンは怖くてなかなかの仕上がりでした。

死霊館 エンフィールド事件 映画レビュー

死霊館 エンフィールド事件 映画レビュー


イギリスのエンフィールドを舞台に、ホジソン一家を襲う心霊現象という内容なわけですが、全体的にドラマパートがしっかりしていてイギリスを舞台にしてることもあって「ハリー・ポッター?」と見間違うぐらい街の雰囲気が似てますね。

B級ホラー映画にありがちな、事態を悪化させる方向のみに動くおバカキャラもなく、子供たちの演技もなかなか良いですが、呪われている家そのものから出ていくという選択肢はなかったのだろうか、と思わないわけでもなかったです(ド貧乏設定なので、引っ越しは無理ということかも)。

最後は、いつものようにエドが戦利品を蒐集部屋に収めるという悪癖を披露しての終幕となります。

死霊館 エンフィールド事件 映画レビュー

ちなみに憑かれてしまうマディソン・ウルフちゃん、なかなか可愛かったですね。

[amazonjs asin=”B01KFDOUMK” locale=”JP” title=”死霊館 エンフィールド事件 ブルーレイ&DVDセット(2枚組) Blu-ray”]

『高速ばぁば』:高速で移動する理由を教えて!

反吐が出るほどの禍々しいタイトル付けと、実際の事件を題材にしつつも男子生徒→女子生徒という意図的な改変などの「狙った感」が批判の的となりネットで小規模炎上を招いた『先生を流産させる会』。その監督、内藤瑛亮による新作ホラー作品ということで、また何かやらかしているのではないかと期待しての鑑賞。
Continue reading

『クロユリ団地』:団地の持つ怖さという観点から

タイトルが発表された時には、全国の団地ファンに激震が走った(と思われる)中田秀夫監督による新作ホラー『クロユリ団地』。オレたちの愛してやまない団地でいったい何が起こってしまうのか!?という期待と不安がありましたが、蓋を開けてみると肝心要の団地成分が足りなくない?といった印象でした。舞台設定そのものであるのに物足りなく感じるという不可思議な現象。しかし、その理由を突き詰めてみると団地の構造自体に問題があるような気がしてきます。
Continue reading

アレクサンドル・アジャ監督『ピラニア3D』:おっぱい3D

 「3D映画で飛び出すべきものは、オッパイとオシリ」という明快な選出理由で映画秘宝の2011年度ベスト一位に輝いた本作。残念ながら2Dでの鑑賞となりましたが、僕の股間はしっかり3D化して……、とか書きたくなってしまうほどあけっぴろげパワー全開な作品。晴れ渡るビーチでおっぱいプルンプルンさせて踊る姉ちゃんたちによるダンスの祭典、その名も通称「おっぱい祭り」。そこへ地殻変動で地底湖に留まっていた太古のピラニアの群れが解き放たれてしまうことで、さあ大変、一気に血祭の始まりだぜッ!

Continue reading

ウェス・クレイヴン監督『スクリーム4』:メタ化して過去を超克

 2000年の『スクリーム3』で完結したはずの本シリーズが不死鳥のごとく復活!……たぶん高校生のころに全部観てるんだけど、まったく内容を覚えてないことがこの作品のスゴイところ。でも、作中でなんらかのフォローがあるだろうから大丈夫だろとタカをくくってたら、過去の事件が公然の秘密的な扱いで、鑑賞者も知ってて当然的な奢りが……、これもスゴイぜ!さすが一大ムーブメントを起こしたホラーだけあって、そこらの二流映画と一緒にしてもらっちゃ困るというプライドがどことなく漂います。まぁ結局は皆殺し映画なのでシリーズ未見でも十分楽しめる作りにはなってます。簡単な話、過去の事件に巻き込まれた主人公が、それを題材として扱った本を執筆しベストセラー作家となって街に戻ってきたことで、悲劇が再び始まるという内容。

Continue reading

デクラン・オブライエン監督『クライモリ デッド・ビギニング』:切株映画の様式美

 『クライモリ』シリーズ初挑戦でビギニングから入るというのも乱暴だけど、映画の作りはもっと乱暴だったので良しとしとこう(笑)。スプラッター苦手なのにこんな切株映画を借りて大丈夫かしらという心配も杞憂に終わったと言いうか、過激すぎるが故にリアルさを振り切って笑えてくるという(人肉スライスをオイル・フォンデュで美味しくいただくシーンなど)。

Continue reading

トビー・フーパー『悪魔のいけにえ』:ラストシーン凄すぎ

 有名過ぎるけれど観てなかったシリーズ。何を隠そうスプラッターが苦手なのでチェーンソーを振りかざす姿に食指が動かず、むしろ積極的に敬遠してた節もありましたが、今回鑑賞してみて低予算B級ホラーの企画サイズに似合わない何かを宿してしまった歴史的作品に仕上がってしまっていることが確認された次第です。さすがマスターフィルムがニューヨーク近代美術館に所蔵されているだけのことはあるといったところ。

Continue reading

カーペンター監督『ザ・ウォード 監禁病棟』:既視感あるネタでも面白いよ

 『遊星からの物体X』『ハロウィン』などで有名なジョン・カーペンター監督による、日本では10年ぶりの公開となった作品。待ち侘びていた往年のファンにとっては期待値が上がりすぎてしまったが故に、「ちょっと物足りない……、でも、やっぱり監督のことは好きだよ!」といった評価のようです。B級映画の魔術師など高名な呼び名のある巨匠ですが、自分はこれが監督の初作品と相成りました。かろうじて『遊星からの物体X』のリメイク元であるハワード・ホークス制作版の『遊星よりの物体X』を観ているぐらい。

Continue reading