流産させる会

シェアする

事件概要

(まとめwikiより)
半田市立成岩中学校の1年生の男子生徒11人が「先生を流産させる会」を結成し、妊娠していた30代の女性担任教諭に対する悪戯を行った。

事件の流れ

部活動での注意や、席替えで発達障害のある生徒や不登校気味の生徒に 配慮したことに不満を持った男子生徒5人が「流産させる会」を発足させる。

6人が入会し、合計で男子生徒11人に。

「流産させる」ために、呼びかけ人の5人が以下のような行動を行う。
糊やチョークなどを混合して精液を模した液体を担任の車にかける(器物損壊)
理科の実験で出てきた薬品を給食に混入させる
教員が座る椅子のねじを緩めて尻もちをつかせようと画策

実行犯の生徒が教諭の給食に何か入れているのを見かけた女子生徒が
別の女子に相談し、その女子が2月25日に別の教諭に相談して発覚。

5人が教諭に謝罪。

翌26日に残りの6人も謝罪。

校長らが会見する。

校長のコメントは以下の通り。
「 ゲーム的な感覚 や友人との付き合いでしたことで、流産させようと 本気に画策したわけではないと思う 。命の教育を浸透させ、今後二度と起こさないようにしたい」

ネットで話題となる。

誤った実名報道やブログ炎上などもふくめ騒然。

学校教育課長なる人物が削除依頼を出す。
愛知県半田市立成岩中学校

2009年3月28日にここに記載されていた個人情報は

にある6組の名前を抽出しただけの誤報でした。

2009年4月12日クソガキどもを糾弾するHPの葵龍雄氏動く。
半田市流産企て中学生ども(クソガキどもを糾弾するHP内)


実行犯 (まだ確定はしてない)

半田市内の中学1年生男子生徒5人
入会者について16人との報道もあったが、11人らしい

主犯格(「会」の発足呼びかけ人・かつ実行犯)は5人の一年生男子
他にサッカー部、野球部
会に入った生徒はほかに6人おり、最終的に半田市立成岩中学校一年生男子生徒11人
被害者先生の部には男子7名 女子4名(部員男子7名のうち実行犯5人だから、参加してない男子2人)
ニュースなどから確認できた犯行は計4回
理科の実験で使った薬品(結果的にはミョウバンだった)を給食に入れたり、いすの背もたれのねじをゆるめたり精液を模したらしきものを車にかけたりした

報道各種

2009年4月05日:産経ニュース「【衝撃事件の核心】いたずらでは済まない…「先生を流産させる会」の中学生が実行した「おぞましきアイデア」」
2009年3月28日:中日新聞「中学生が妊娠教諭に嫌がらせ 愛知・半田の生徒16人「流産させる会」」

まとめページ

半田市の中1が「担任を流産させる会」結成 まとめwiki

事件簿トップ

★本事件にインスパイアを受けて制作された映画『先生を流産させる会』の批評・感想
内藤瑛亮監督『先生を流産させる会』:せめて観てから批判するべきでしょ
 愛知県の男子中学生が起こした実際の事件を題材にした作品。タイトルが持つインパクトのためか公開前から激しいバッシングが起こり、制作陣が狙った...
内藤瑛亮監督『先生を流産させる会』:せめて観てから批判するべきでしょ

スポンサーリンク
<スポンサー>
<スポンサー>

シェアする

フォローする