『キョンシー』:キョンシーの不在・パケ写詐欺

自分より2,3歳年上の世代がファミコンとかビックリマン、それにこのキョンシーなんかモロに直撃した世代だと思うけれど、自分も幼稚園から小1ぐらいのときにかろうじて『幽幻道士』は見てました。主人公のテンテンが可愛いとかそういう感覚はまだ無かったけど、とにかくチビッコたちの間でもブームでキョンシーごっこして友達に首絞められた思い出とか、池袋サンシャインだったかでやっていたキョンシーが追ってくるお化け屋敷イベントみたいなところの物販ブースで購入した霊符と木剣も持ってた記憶があるし……、とにかくそれぐらい流行ってたと。

最近では川島海荷主演の『キョンシーガール』とかも放送されてたので、またキョンシー・ブーム来るの?という流れがここ数年あったものの起爆剤にはならずブーム作りも不発だったなあ……、と思い返しつつアマゾン・プライムで再鑑賞した本作となります。


そもそもキョンシーってなんなの、吸血鬼×ゾンビみたいなもの?ということで、wikipedia見てみると下記のような記述があります。

  • もともと中国においては、人が死んで埋葬する前に室内に安置しておくと、夜になって突然動きだし、人を驚かすことがあると昔から言われていた。それが僵尸(殭屍)(キョンシー)である。「僵」という漢字は死体(=尸)が硬直すると言う意味で、動いても、人に知られたり、何かの拍子ですぐまた元のように体がこわばることから名付けられた。

  • 中国湖南省西部よりの出稼ぎ人の遺体を道士が故郷へ搬送する手段として、呪術で歩かせたのが始まりという伝承があり、この方法を「趕屍(かんし)」と称する。



『キョンシー』:キョンシー不在の清水崇が戦犯の映画という感じで火葬しない文化圏からは、やはりゾンビ的な怪物が生まれやすいのだろうと理解したところで本作について。各所で言われている通り、キョンシーがほとんど出てこない残念な作りとなっていて、懐かしさに釣られて本作を手に取った人からするとけっこう肩透かしを食うと思うし、せっかく出てきたキョンシーすらも……ッ!という往年のキョンシー・ファンからすると噴飯ものな作りでありました。映像も綺麗だし(団地ものでもあるので個人的には嬉しい)、アクションや戦闘シーンそれにグロ過ぎない調整具合など色々なバランスが良い感じの仕上がりなのに、脚本が冗長かつ難解で肝心かなめのキョンシーは不在という大きな欠陥構造を抱えています。

『キョンシー』:キョンシー不在の清水崇が戦犯の映画「なんだこりゃ?」ということでクレジットを見てみると清水崇の名が。『呪怨』などで有名な監督だけど、今作の戦犯はこの人なんじゃないかと思っております。こちとらキョンシー期待してるのに、呪怨に出てきそうな双子の女幽霊と例のアルビノっぽい真っ白い少年といったお決まりのキャラクター、これは絶対この人によるジャパニーズ・ホラー方面の圧力があったでしょ?というか最初からキョンシー×ジャパニーズ・ホラーっていうタイアップが基本コンセプトにあったんだけど、うまくいかなかったんじゃないかと推測、だから宣伝も「キョンシー」だけを売り出す形になったのではないかと。

『キョンシー』:キョンシー不在の清水崇が戦犯の映画元気過ぎる双子幽霊がキョンシーに取り憑いたせいで膝を曲げずに跳ねるキョンシー独特のあの動きがなくなり、壁とか天井を縦横無尽に飛び回り始めるって、おまえはスパイダーマンかよ!?と突っ込みたくなるほどの見事なコンテンツ殺し。キョンシーとか全く興味ないし愛もないし、そもそも知らないんじゃないの?と書きたくなるレベル、そして書くほど怒りがこみ上げてくるんだけど、最後は物語を創作するうえで禁じ手とされる夢オチ、一体どうしたのでしょうか?夢オチにする必然もよくわからないし、そもそもあまりに唐突で意味不明な終わり方で夢オチであることもすぐには理解できず、『キョンシー 解説』でネット検索してしまった……。舞台や映像のクオリティーは高いのに夢オチ脚本とキョンシーが出てこないせいで、AVのパッケージ詐欺みたいな作品という評価になってしまったね。(本作のパケ写のキョンシーのクオリティー見たらそりゃ高まるよね)

【おまけ】
『霊幻道士』4作目の主役を演じたときのアンソニー・チェン(陳友)、なんかイケメンではないけどカッコいい。
『キョンシー』:キョンシー不在の清水崇が戦犯の映画 『キョンシー』:キョンシー不在の清水崇が戦犯の映画

キョンシー<未>(2013)

RIGOR MORTIS
リゴル・モルティス/死後硬直(第26回東京国際映画祭)
監督:ジュノ・マック
制作:清水崇
出演:チン・シュウホウ、クララ・ウェイ、パウ・ヘイチン、アンソニー・チェン
上映時間:101分
製作国:香港
ジャンル:ホラー/ファンタジー
映倫:R15+

[amazonjs asin=”B00SG6PNC0″ locale=”JP” title=”キョンシー(吹替版)”]

『ゾンビワールドへようこそ』:ボーイスカウト3人組の友情を取り戻せ

ゾンビーワールドへようこそ<未>(2015)
SCOUTS GUIDE TO THE ZOMBIE APOCALYPSE
監督:クリストファー・ランドン
出演:タイ・シェリダン、ローガン・ミラー、ジョーイ・モーガン、セーラ・デュモント、デヴィッド・ケックナー
上映時間:93分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場未公開
ジャンル:ホラー/コメディ

真面目なゾンビ映画に食傷気味という方にお勧めなのが本作。さえないボーイスカウトの3人組がゾンビに立ち向かっていくという「ゴーストバスターズ」的というか「ズッコケ三人組」なノリの作品となっております。

『ゾンビワールドへようこそ』 金髪おっぱい映画 レビュー 感想ボーイスカウトって、否定するわけではないけど「どことなくダサい」という感覚は万国共通らしいですね(失敬)。主人公たち3人も小さいころは仲良くこなしていたスカウト活動ですが、高校2年生ともなると女の子やエッチなことで頭はイッパイになってしまうのは仕方のないこと。いかにカノジョを作って童貞を捨てるかということが人生における最優先事項であって、サバイバル術を高めるべく山でテントを張って呑気にキャンピングするなんて狂気の沙汰としか思えなくなってくるわけです。そんなわけで、ボーイスカウトで培った絆は永遠かと思われた3人の少年たちでしたが、おデブの真性スカウト・バカっぽい少年をハブる形で、真夜中に開催される秘密のパーティーにキャンプ途中で抜け出して行こうぜ!という裏切りから始まる彼らのゾンビを交えたドタバタ劇場の幕開け~、果たして少年たちはゾンビワールドをサバイブできるのか?さらに亀裂の入ってしまった彼らの友情の行方は!?そんな感じとなっております。

『ゾンビワールドへようこそ』 金髪おっぱい映画 レビュー 感想というわけで軽快でテンポ良くゾンビワールドが展開していきますが、良いスパイスになっているのが3人組と同じ高校を数年前にドロップアウトしてストリッパーになったという少女の存在。彼女が素晴らしいおっぱい要員としてほぼ全編通して3人組と道中を共にしてくれるので、ほのかに香るフレグランスならぬエロスとして色香をずっと漂わせてくれています。『ゾンビワールドへようこそ』 金髪おっぱい映画 レビュー 感想通常は死亡要員にされやすいアホでバカな金髪おっぱいという存在・立場でありながら、最後まで死なずにプルンプルンとゾンビワールドを駆け抜けてくれたこと、そしてそのような脚本を採用してくれたことに対して惜しみない拍手を送りたいと思います(笑)。あと巨乳な女警官ゾンビも本作におけるハイライトのひとつ。

ボーイスカウト流の高い声でのやり取りとか、隊長であるオッサンがゾンビになっても妙に強いとか、脱力感のある笑いを誘う感じの作りが好印象。というか隊長が火責めにあったり車で跳ね飛ばされたり、拷問仕立てな感じがけっこうジワリました。クライマックスは閃光のチラつきがきつくてポケモンショックかと思うほどだったけど、まあ低予算だろうからその辺はご愛敬ということで。

[amazonjs asin=”B01M8IA8TY” locale=”JP” title=”ゾンビーワールドへようこそ DVD”]


『ワールド・ウォー・Z』:人工知能によって人間のように動くゾンビたち

ワールド・ウォー Z(2013)
WORLD WAR Z
監督:マーク・フォースター
上映時間:116分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(東宝東和)
初公開年月:2013/08/10
ジャンル:アクション/パニック/サスペンス
映倫:G
全人類に告ぐ、来たるZデーに備えよ。

「ゾンビ」と言えば逃げるもよし・殺すもよしと理屈抜きに都合よく使える悪役・モンスターであって、その汎用性の高さゆえに映画・漫画・ドラマ・ゲームとあらゆるコンテンツで重宝される存在となって久しいわけですが、その中から良質な「ゾンビもの」を発掘しなおすという趣で、今回は2013年のブラッド・ピット主演『ワールド・ウォー・Z』を観直してみました。(アマゾン・プライムのお勧めに出てきたのでピックアップしただけという事実は内緒だよ!)

目的意識のあるゾンビ映画


ゾンビ映画と言えば、パンデミック的なゾンビの増殖を迎えたディストピア世界を主人公たちがなんとか生き抜く、という基本コンセプトがあるかと思いますが、ゾンビの襲撃に耐えてサバイブすることだけに終始してしまう作品が多い中、こちらの『ワールド・ウォー・Z』は、主人公がしっかりとゾンビから世界を救う方法を模索するという使命感のある骨太な脚本となっております。

さすがはブラピ主演のハリウッド超大作、おバカな学生やらブロンドおっぱいちゃんがただただ逃げ惑って襲われるだけのB級ゾンビ映画とは一線を画す作りであるのは事実です。元国連捜査官の肩書のもと世界中を飛び回ってゾンビの襲撃に耐え抜きながら解決の糸口を探していくという、超多忙で有能なエージェントといったスケールの大きさがあります。これまたブラピ出演の『バベル』という色々な国の人々のストーリーが、一つの事件を中心に交差する世界規模な映画がその昔あったんですが、あのテイストをなんか思い出すというか彷彿とさせられました(というか『バベル』自体は受賞歴が華々しい割に微妙な出来だったと記憶しているので、この映画との関係性を強調したいわけではないですが……、とにかく世界規模感が強いなという話)

色々あった末にイギリスのWHO機関に到着する終盤からのエンディングは、ラッキーパンチ的でご都合主義な演出もいろいろとある気もしますが、その辺は目をつぶっておけば2本立てのような展開で飽きさせない濃密さと共にゾンビ壊滅へ向けた道筋が微かに見えての幕引きで、なかなか説得力がある終わり方を迎えます。


走るゾンビ・AIで作れらたゾンビ


ワールド・ウォー・Z 映画批評 AIによって描かれたゾンビたち

猛スピードで走り迫ってくるゾンビというのも『28日後…』が初出かな?、とにかくその後『REC』とかも出てきて、今更珍しくもなんともなくなってしまったわけですが、この作品もひたすら走るゾンビが出てきます、しかしながらその量が半端ないです。「さすがブラピ主演の作品、予算がケタ違いだからエキストラの両もケタ違いに多いんだろうな」なんて初めて観た当時は思ってましたが、少しネットで調べてみたら実はAIを用いた(ゾンビを描くうえで人工知能が一部利用されているそう、詳細は下記の記事)CGだそうで、エルサレムでの人間の塔みたいなのとは言わずもがな、あらゆる場面のゾンビ群衆が実はCGだった!というのはけっこう驚きでした。


https://wired.jp/2013/07/15/wwz-digital-zombies/


なんかこのゾンビの群れの走り方に既視感というか、見覚えがあるなと思ったけど、2016年のE3で発表されたPS4用ゲーム「Days Gone」のデモ動画のゾンビたちに似てたという。2013年時点ではまだ映画のCGだったのに、3年後にはゲームとして遊べるようになっているとは驚くべき技術の進歩(ちなみに同じ技術が使われているのかどうかは知りませんが)



まとめ


本来は低予算映画の強い味方であった「ゾンビ」ではあったと思いますが、『ワールド・ウォー・Z』はハリウッドがガチで作った「B級を超えてしまったゾンビもの」として記憶されることになる作品だと思います。

[amazonjs asin=”B00HDJ9VBK” locale=”JP” title=”ワールド・ウォーZ (字幕版)”]

[amazonjs asin=”B00G89G024″ locale=”JP” title=”バベル (字幕版)”]

ニック・ライオン監督『ゾンビ・クロニクル2』:勘違いしてはいけない!

 「2」なので『ゾンビ・クロニクル』の続編かと思ってしまった自分の甘さね。いや、ふつうそう思うのが当然なんだけど、アルバトロスあたりのレーベルだとそういった常識は通用しないというか、ジョークがキツイというか。とにかく「続編ではない!」ということをまず読者諸氏には声を大にして訴えたいのであります!

Continue reading

頑張りは評価したい『ゾンビ・クロニクル』

 マイケル・バートレット監督による『エスケイプ・フロム・リビングデッド』の続編。巷のレビューでは「つまらん」扱いが目立ちますが、制作陣の頑張りと意気込みが伝わってくる点は評価したくなります。脚本とかの出来は置いておいて、なんかすごい生真面目な作りで闘ってます。ロメロ精神を引き継いだ走らないゾンビの存在がむしろ斬新であった、というよりもゾンビは「絶望的」という世界観の演出的要素の方が強めで、見どころは生き残った人間同士の殺し合い。

Continue reading