DAOKO×米津玄師の『打上花火』をDAW上で完コピ目指してみる

スポンサーリンク
DAOKO×米津玄師の『打上花火』をDAW上で完コピ目指してみる

「そういえば音楽制作ブログだった!」ということを思い出したので音楽についての近況報告でも。


DAOKO × 米津玄師の『打上花火』という曲のオケ音源を完コピするという個人的な企画で最近は頑張っておりまして(本当はアレンジしたかったものの力量及ばず完コピ路線に変更しただけという……)、実はコピー始める前は「どうせ中高生ぐらいの子たちが、初めて音楽聴いて感動したとか言ってるレベルの楽曲だろう」という聴かず嫌いの偏屈disりオヤジと化しそうになっていたりしましたが、いざヘッドフォンで丁寧に聞き取ってみると鳥肌注意だったわけでして、まあけっこう凝ったオケ作りに「いや~、さすがプロだな」と感服してしまいました。ちなみに編曲にはYUKI等に楽曲提供している「田中隼人」の名もクレジットされております。(ところで歌手のDAOKO、作曲者の米津玄師共にニコ動出身者なのであえて使ってみたけど、この「※鳥肌注意※」って言い方に鳥肌たつね、笑)

で、この曲に関してですが、ご存知ない方のために一応書いておきますと、2017年公開の劇場版アニメ『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の主題歌ということで、自分も楽曲への理解を深めるためにDVDを借りてきたので(キリッ!笑)、これからゆっくり鑑賞しようと思っています。日頃アニメほとんど観ないけどMVの印象からするに、晴れやかなのに切なそうな雰囲気が漂っていて期待できそうなクオリティー、『化物語』と同じシャフト制でキャラデザも同じく渡辺明夫という方が担当しているようなので絵柄も似ていますかね。

ちなみに自分の世代だと岩井俊二監督による奥菜恵主演の映画版(テレビ放映版の編集版?)の方が馴染み深かったりしますが、改めて画像検索してみると奥菜恵の美少女っぷりにビックリするというか、あの頃はアイドルグループ冬の時代で「広末涼子」とか「奥菜恵」とか「榎本加奈子」といった単体の美少女タレント・女優の固有名詞が煌めく時代だったよなあと懐かしく思い出されたりと、『打上花火』を端に発した不思議な感慨に誘われたりしています。(アイドルオタでもなんでもないので、この辺の正確な年代とか情報は間違っているかもしれませんが)

それで『打上花火』の楽曲コピーに話を戻すと、最初のギターの2音からして、一弦のみで弾いてるのか2弦にまたがってるのか、でも次の音に移ったとき、前の音のサステインがないから1弦のみで弾いてるんじゃないだろうか、音質は初代PODのみで再現すのは不可能だからDAW側でトレモロと空間系足して、さらにピンポンディレイで微妙に左右に振って近代的な音像にしてあげてとか(そもそもギターからしてシングルコイルの音でハムバッカーで頑張るには限界がある気がしてます)、Bメロの裏で鳴ってるピチカートの絞ってあるフィルターが段々解放されていく感じとかめっちゃ心ときめくわ~、みたいな感じで色々と悪戦苦闘しつつも楽しみながら完コピ―道を突き進んでいるので、まだしばらく掛かるとは思いますけど、完成した暁には公開したい所存であります。ですので、その時はよろしく頼みますよと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
<スポンサー>
<スポンサー>



内容に共感して頂けたら応援(シェア、フォロー、商品購入等)ヨロシクお願いします!

フォローする

スポンサーリンク
<スポンサー>