『ハイスコアガール』7巻:ファイティングバイパーズの懐かしさと、渋谷で交差する恋路

シェアする

スポンサーリンク
『ハイスコアガール7巻』:ファイティングバイパーズの懐かしさと、渋谷で交差する恋路

例の著作権侵害問題・刑事告訴事件で休載していた押切蓮介氏の『ハイスコアガール』ですが、新作が出たということで「ついに復活!」と思ったら既に去年2016年に復活されていて6巻も出版されていたんですね……、この記事書くまで7巻で「見事にカムバックしてくれた!」って一人で盛り上がってたのと、6巻を読み飛ばしていることに気が付かずに読んでました。うっかりしていたよ。それにしても押切先生、2017年1月時点で『ハイスコアガール』以外にも漫画アクションで『ぎゃんぷりん』、月間モーニングtwoで『狭い世界のアイデンティティー』の連載、さらにヤングチャンピオン烈では初の漫画原作として『妖怪マッサージ』を開始するなど、すごい精力的というか売れっ子になられておりますな、良いことだ~。

ということで、うっかり勘違いしていたついでに事件の概要も書いておくと、『ハイスコアガール』は2013年12月にアニメ化の話が持ち上がってたものの、その下請けとなった映像制作会社がSNKにキャラクターのことで問い合わせてみたところ、無断で漫画に同社のキャラクターが使用されていることが発覚、2014年5月にSNKプレイモアが『ハイスコアガール』の版元であるスクウェア・エニックスを刑事告訴、その後同年10月になると今度はスクウェア・エニックス側が無断で使用していないという確認のため民事訴訟を起こし、さらにSNKプレイモア側がそれに対して反訴するという泥沼の展開が2年間ぐらい続いていました。2015年8月には両社とも和解に応じたとのことで、翌年2016年に復活後初の新刊となる6巻と1~5巻が回収されていたのでリニューアル版として『ハイスコアガール CONTINUE』の1~5巻が発売されたということです、ふ~。

なんか事件のあらまし書いて満足というか疲れてしまったけど、今回の7巻に関しては6巻を読み飛ばしているのに違和感なく楽しめてしまったという……。まあ、いつものようにハルオ・晶・小春の恋の三角関係は健在でヤキモキさせられつつ、今回は「溝の口ゲーセン勢VS渋谷ゲーセン勢」の戦いが勃発します。紆余曲折あってハルオは渋谷側として若干チャラくなっての参戦で、小春と『ファイティングバイパーズ』で対戦するという展開でした。ちなみに『カイザーナックル』という格ゲーもクローズアップされてて、ジェネラルなるボスが強キャラ過ぎることが、これでもかというほど作中で強調されてるんだけど、YouTubeで調べてみたらマジでしたわ、こりゃ勝てねえ~(笑)。未だに高田馬場のゲーセンのイベントでジェネラル組手なるものまで行われているようです。



ハイスコアガール7巻 ファイティングバイパーズそれとゲーセン抗争の決着で選ばれた格ゲーの『ファイティングバイパーズ』だけど、あったわ~そういう格ゲー、懐かし過ぎるな~と思って画像検索してみたら想像以上に顔がポリゴンしててワロタよ、グラフィック技術の進化ってすごいなと再確認した次第であります。ヒロインっぽいコとかミニスカートはいててそれなりにセクシャルな恰好しているのに、まったくそそられないという(笑)。『ファイティングバイパーズ』は95年で、その翌年の96年と言えば今ではおっぱい格ゲーの代名詞ともいえる『DEAD OR ALIVE』の初代版がゲーセンで稼働し始めたころ。さすがにDOAも初代というか無印は全体的に角ばってる感が否めないけれど、その後の99年のDOA2だか2000年のDOA2Mをゲーセンで初めて見たときは、おっぱいの揺れに目が釘付けになった思い出が(笑)。高3の修学旅行先の自由行動時間に入った京都のゲーセンでのことだったと事細かに記憶しています。

今となってはDOAシリーズもVRで遊べるようになって、20年前におっぱいの揺れにこだわりを感じさせる格ゲーとして産声を上げたDOAが、まさかこんな大掛かりなエ口コンテンツに化けるとは誰も予期していなかったであろう事態になっています(笑)




あと、先日キョンシー映画を見たばかりだったので、キョンシーの霊符Tシャツらしきものを着ているモブキャラがいたのはビックリでした。やっぱり地味ながら流行りが来てるかも?





スポンサーリンク
<スポンサー>
<スポンサー>
内容に共感して頂けたら応援(シェア、フォロー、商品購入等)ヨロシクお願いします!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
<スポンサー>