オリジナル曲がまだ何も無いのにアー写を撮りに行ってみた

シェアする

スポンサーリンク
Coprinus バンド・コプリーヌ アーティスト写真 プロスタ池袋

まだバンドとしてのオリジナル楽曲が何もできていない段階で、撮影スタジオに入ってメンバーのアーティスト写真を撮ってくるという試みを行ってきました。当然ながらカメラ撮影も自前で(主に当バンドのマネージャーによる撮影)こなしてきました。デジタル一眼カメラさえあれば、一応それなりに写ってしまうというお手軽さに慄きながらも魅了されていきました。



もくじ


今回のポイントとしては、オリジナル楽曲を持たないような結成間もないバンドであっても、アーティスト写真さえあれば、とりあえずサイト用素材にしたりSNSに拡散したり出来るなという考えがありました。あとは撮影を行うことで、それなりに体裁が整う⇒「なんか本物っぽいじゃん!?」とやる気がさらに高まる(別にやる気がないわけではないけど、なお高まる)、そんな効果がありました。バンドを始めたばかりだけど、なんかバンドやメンバー間に気合いみたいなものが足りないと感じられる場合には、ぜひ撮影スタジオでアーシャ撮影ゴッコをしてみると良いのではないかという提案をさせて頂きます。


弱小バンドであっても(むしろだからこそ?)SNSを活用する


ちなみに、バンドを行う上でもSNSでの拡散が重要であることは言うまでもないこと。世の中、「拡散希望!少しでもいいと思ったらRT!」だらけ。そういったタグをなんの臆面もなく使えるか、いかに厚顔無恥に自分の黒歴史になりかねない写真やブログ記事をツイートして拡散できるかに、その後の展開が開けるかどうか掛かってくるわけです。恥ずかしがらずに、どんどん自分の恥部を曝け出して行きましょう。(ろくでもない書き方だけど目立ちたい・売れたい・有名になりたい等々、何らかの野望があるなら、それも真理ということで)


拡散する楽曲がない!それならとりあえず写真・動画を拡散してみる


バンドに話を戻して、当然ながらバンドのメインのコンテンツはその楽曲や音楽性にあるはずなんだけど、「オリジナル曲なんてないよ!」というそこのあなた、とりあえず写真とか動画をネットに上げて拡散⇒まずは知ってもらうという流れを作ることは有効なんじゃないでしょうか。写真ならinstagram、動画ならYouTube、実況できるならニコ生(最近、若者離れしてるそうなので、ツイキャスとか)にアップして、それをツイートするという流れのサイクルを作ってみましょう!(実証性はゼロ、でも言っていることはあってる気がする)


今回お邪魔した撮影スタジオ


今回使用したスタジオは「プロスタ(明輝堂ミュージアム)」という池袋にある、主にコスプレイヤーさんたち御用達な撮影スタジオ。価格的には「リーズナブルな方」(マネージャー談)ということで、おそらくそんなに高くないんでしょう、比較したい人はググってみてください。実際、今回はハーフタイム(最大5時間)というプランで一人あたり3,000円ちょっとでした(小道具なども無料で借り放題)。まあ、音楽スタジオよりは確実に高いんだけどね!

プロスタ

ちなみに注意点としましては、受付にて初回は身分証の提示が求められますので、免許書等などの現住所が確認できるものを持っていくようにしましょう。電話予約の際にそういった説明がないので、当日になって身分証の類がないとフェフ姉さんバリのいまいち発音の不明瞭な受付嬢たちにフェフフェフ詰問されちゃいます(いい子たちなんだろうけど、なんか分かりにくいし聞き取りにくかった)

ちなみに写真撮影素人の自分も思った「5時間も何するのよ?」という素朴な疑問。でも、こちらのスタジオ、同じフロアーにいくつもの小規模なスタジオが用意されていて、各自好きなように出入りして撮影できるシステムになっています(他の撮影者さんの邪魔にならなければ同室で同時撮影も可能)。そんなわけで、色々な部屋を利用して撮影していると、あっという間に時間は過ぎます。ガチ勢であるならば、カメラマン側の機材セッティングとか被写体さん側の衣装替えの回数など、さらに時間が必要な作業となりそう。

というわけで、こんな感じの写真が撮れました(人物なし)


Coprinus バンド・コプリーヌ アーティスト写真 プロスタ池袋

Coprinus バンド・コプリーヌ アーティスト写真 プロスタ池袋

Coprinus バンド・コプリーヌ アーティスト写真 プロスタ池袋

Coprinus バンド・コプリーヌ アーティスト写真 プロスタ池袋

Coprinus バンド・コプリーヌ アーティスト写真 プロスタ池袋

Coprinus バンド・コプリーヌ アーティスト写真 プロスタ池袋


使用したカメラに関して



撮影楽しいお( ^ω^ ) #canon #canoneoskissx7 #nikon #nikond5300 #カメラ #一眼レフ

せいじさん(@ppseiji)が投稿した写真 –


マネージャー:(カメラ)Canon EOS Kiss X7
せいじ:(カメラ)Nikon D5300 (レンズ)Nikon 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

上記のようなデジタル一眼の入門機で撮影しています。入門機と言えども、初心者にとっては十分すぎる写真が撮れます。適当にガチャガチャいじっていれば、なんとなくそれらしい写真にもなるので、一台ぐらいは持っていた方がよろしいかと。

ちなみに、カメラにマウントしている単焦点レンズは、流行の背景をボカした写真が簡単に取れるレンズとなっています。








撮影を終えて


「カメラ」とか「撮影」とか門外漢だけど、月並みながら「撮るのも撮られるのもそれなりに楽しいじゃん」となりました。バンドのSNS用拡散材料を得たいがために行ってきただけの撮影スタジオ、でもレイヤーさんたちの気持ちがなんとなく分かったような感じ。というのは好きなアーティストのジャケ写とかの構図を真似て撮る⇒笑い転げるという流れは楽しかったので。最後にスタジオでの撮影に際して一言アドバイスがあるとすると、あらかじめ撮りたい構図を想定したり雑誌とかで仕入れておいた方が時間の節約になって捗りますな。


撮影スタジオで撮影した写真を使用しているバンドCoprinusのサイトはこちら

Published by Ameba Ownd

バンドCoprinus こぷりーぬ

スポンサーリンク
<スポンサー>
<スポンサー>
内容に共感して頂けたら応援(シェア、フォロー、商品購入等)ヨロシクお願いします!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
<スポンサー>