園子温『恋の罪』:面白いけど過剰さに飽きてくる

シェアする

スポンサーリンク
園子温 恋の罪

園子温監督の『恋の罪』を観賞、東電OL殺人事件にインスパイアされて撮られた本作。表の顔と裏の顔がある3人の女性が一つの殺人事件を巡って繋がりを見せます。

あらすじ
円山町にある荒廃した木造アパートで猟奇的な殺人事件が発生、その捜査に当たる女刑事の吉田和子には、幸せな家庭があるものの不倫を繰り返すという裏の一面もあった。さらに事件解明に向けて捜査を続けていく中で浮かび上がる二人の女性、尾沢美津子と菊池いずみには異常な関係性があり、彼女たちも昼と夜の顔を併せ持った二重生活者であることが分かってくる。

ネタバレあり
東電OL殺人事件の被害者は、昼はエリート社員・夜は売春という二住生活を営んでいたことがセンセーショナルに伝えられたことで、ほとんど記号化してしまった事件なわけですが、本作ではその二面性みたいなものが強調された3人の女性たちが登場します。彼女たちはそれぞれ「有名作家の妻」・「幸せな家庭を持つ女刑事」・「京都大学助教授」といった表の高いステータスがあるにも関わらず、それを潰しかねない性的な誘惑に落ちていくという構成で統一されています。彼女たちにとっての現実逃避や存在確認といった方法に選ばれているのが不倫であったり不特定多数の男とのセックスであるわけです。

そのため本作では監督の好む「暴力」描写よりも「セックス」シーンが多いんですけど(エロ描写も多いけどw)、その乱発ぶりはちょっと食傷気味になりますね、淫乱女×3みたいな。特に「有名作家の妻」である菊池いずみはいったい何人と性交渉したかってぐらいヤリまくり。でも丁寧に描かれているから窮屈な家庭を放り投げて徐々に堕落しておかしくなっていく過程はけっこう見応えありますね。登場人物がだんだん精神汚染されて崩壊していく姿を撮るのは監督の得意分野だと思いますしね。ちなみに彼女(神楽坂恵)のおっぱいは素晴らしいの一言、本当に形の良い巨乳。監督もついに彼女の魅力にやられてしまったのか、本作の公開時とほぼ同時に結婚しているみたいです。

一番過剰の要因になっているのは女刑事の不倫事情だと思うんだけど、彼女まで後ろ暗い部分を見せたり持たせる必要性は無かったと思うし、正直クドイかなと。ちょっと監督の過剰さが裏目に出ている気がします。全員が異常を抱えていて、しかもそれを全部描き切ろうとするから尺も長くて、まあ観ているこちらも疲れるという話です。松本清張風な地道に足を使った聞き込み捜査をするシーンの雰囲気は良かったし、最後に女刑事がゴミ収集車を追っかけて遠くへ行ってしまう場面も安倍公房っぽい人を食った終わり方で好きなんだけど、いかんせん二重生活をする3人もの女が一つの事件でカチ合わせてしまう設定自体が強引じゃないかと、通奏低音的なテーマであるカフカの『城』についても不完全燃焼だしね。それに、事件に関与してくるデリヘル経営者の青年や助教授の母といったキャラクターたちも容赦のない個性の強烈さ……。そう、冷静になってみるとキャラクターの強烈さだけで物語を見せられた気がしないでもないです。同じ監督の作品を数作見ているとパターン化したものが見えてくるのは仕方ないとしても、園監督作品の場合はあまりに人物造形が強烈だから飽きられるのも早いのかも。






恋の罪(2011)
監督: 園子温
上映時間 144分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(日活)
初公開年月 2011/11/12
ジャンル サスペンス/ミステリー/エロティック
映倫 R18+
ようこそ、愛の地獄へ

スポンサーリンク
<スポンサー>
<スポンサー>
内容に共感して頂けたら応援(シェア、フォロー、商品購入等)ヨロシクお願いします!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
<スポンサー>